介護施設の種類によって料金形態もさまざま

介護施設への入居においては、料金・費用負担がどれくらいになるのかは、やはり気になるところです。長期間安心して住むために、資金計画は重要となります。 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの介護施設の種類や、入居予定者の要介護度や健康状態により、入居時にかかる費用や月額で必要になる費用が異なってきます。 入居時に必要な費用や月額利用料の内訳など、介護施設ごとに必要な費用を整理してみましょう。

有料老人ホームの費用

有料老人ホームに入居する時に必要な費用は、大きく分けて入居時に必要な入居一時金と、入居後に毎月支払う月額利用料の2種類に分けられます。
入居一時金とは、入居時に支払うことで、そのホームで生活する終身にわたって利用する権利を取得するための費用です。
入居一時金の金額はホームによってさまざまで、入居金0円のホームから、数千万円のホームまであります。
入居時に一部が初期償却され、残りが償却期間内で少しずつ償却されていきます。償却期間内に入居者が途中退去した場合、未償却分が返還金として戻ります。(返還金制度)

特別養護老人ホーム(特養)の費用

特別養護老人ホームは、以前は安い料金で入居できるイメージがありましたが、最近増えているユニット型個室などでは、民間の運営する有料老人ホームと利用料金に差がなくなってきました
特別養護老人ホームは、利用する居室タイプによって料金が変わってきます。多床室よりも、従来型個室やユニット型個室の方が賃料が高くなります。


従来型多床室(相部屋)の目安は、7万円から8万円前後ほどかかります。
従来型個室の目安は、9万円から10万円前後ほどかかります。
ユニット型準個室の費用の目安は、11万円から12万円前後ほどかかります。
新型ユニット個室の費用の目安は、13万円から、14万円前後ほどかかります。

介護老人保健施設(老健)の費用

介護老人保健施設は、多床室よりも、従来型個室やユニット型個室の方が賃料が高くなるなど、利用する居室タイプによって料金が異なります。月額利用料として、賃料・食費・介護保険一割負担額が必要で、別途費用として医療費や、おむつ代などの日常生活費が追加でかかる場合があります。


多床室(相部屋)の費用の目安は、8万円から9万円ほどかかります。
従来型個室の費用の目安は、10万円から11万円ほどかかります。
ユニット型準個室の費用の目安は、12万円から13万円ほどかかります。
ユニット型個室の費用の目安は、13万円から14万円ほどかかります。

介護療養型医療施設(療養病床)の費用

介護療養型医療施設は、利用する居室タイプによって料金が異なり、一般に、個室よりも多床室の方が料金が安くなります。月額利用料には賃料・食費・介護保険一割自己負担額が必要となります。


多床室(相部屋)の費用の目安は、8万円から9万円ほどかかります。
従来型個室の費用の目安は、10万円から12万円ほどかかります。
ユニット型準個室の費用の目安は、12万円から13万円ほどかかります。
ユニット型個室の費用の目安は、13万円から14万円ほどかかります。

pickup

老人ホーム画像 老人ホーム施設様の広告を募集しています。
老人ホーム画像 老人ホーム施設様の広告を募集しています。
老人ホーム画像 老人ホーム施設様の広告を募集しています。
老人ホーム画像 老人ホーム施設様の広告を募集しています。
老人ホーム画像 老人ホーム施設様の広告を募集しています。